新緑の散歩道の中で

スポンサーリンク

5月にしては暑い日が続いている。
こんな日は、新緑の中をゆっくり散歩するのが良い。

新緑の街路樹
新緑の街路樹 2019年5月 宮城県仙台市

桂島緑地南側のバス通りは、街路樹に若葉が茂り始めた。
見た目にも涼しげな感じがする。

新緑の街路樹
新緑の街路樹 2019年5月 宮城県仙台市

若葉の生長は早いものである。
1週間もすると、細い枝は葉で隠れてしまうほどである。

散歩道の雑木林の中に、山野草の花が咲いている場所がある。

少し斜面になっている場所が、杭とロープで囲われていて、落ち葉の中に白い花がいくつも咲いている。

ギンランの花
ギンランの花 2019年5月 宮城県仙台市 

「ギンラン」である。よく見ないと、気がつかないかもしれない。

ギンランの花
ギンランの花 2019年5月 宮城県仙台市

花を紹介するプレートや囲いがあり、以前から保護されているようである。

「ギンラン」について、ウィキペディアには以下のように記されている。

ギンランはラン科キンラン属の地生の多年草で、日本各地に分布し明るい林内に生育している。
和名のギンランは、銀蘭の意で、黄色の花を咲かせるキンラン(金蘭)に対して、白色の花を咲かせることによる。

ウィキペディア(Wikipedia)<ギンラン>

同じ斜面の別の場所にも囲いがあり、プレートが設置されている。

「ウメガサソウ」という小さな花である。

ウメガサソウの花
ウメガサソウの花 2019年5月 宮城県仙台市

「ウメガサソウ」について、ウィキペディアには以下のように記されている。

ウメガサソウはツツジ科ウメガサソウ属の常緑の草状の小低木で、日本各地のやや乾燥した丘陵、海岸、山地の林中に生育している。
和名のウメガサソウは、梅笠草の意で、花の形がウメ「梅」に似て下向きに咲く様子を「笠」に見立てたことによる。

ウィキペディア(Wikipedia)<ウメガサソウ>

松の木の下あたりにたくさん咲いているが、こちらもよく見ないと、素通りしてしまいそうである。
薄い黄緑色の花と、それより少し濃い色をした葉である。葉の周りはぎざぎざしていて、真ん中に白い色の筋が見える。
とにかく小さな花である。

ウメガサソウについて掲載の関連記事

そういえば寒い冬に、雪の中で葉が出ていたのを思い出す。
これからしばらくすると、花はもう少し開きながら白くなり、凛とした姿を見せるだろう。

散歩道の椅子とベンチ
散歩道の椅子とベンチ 2019年5月 宮城県仙台市

上の堤という北側の池の東側に、がっしりとした一本の柱に屋根が付いた休憩場所がある。陶器製の白い丸形の椅子が置かれている。その前には、木製のベンチが設置されている。

ベンチから池を望む
ベンチから池を望む 2019年5月 宮城県仙台市

ベンチに座って池を眺めるのも、雑木林の新緑の景色を眺めるのもいい。木陰に入れば、いくらか涼しくなる。

一組の鴨
一組の鴨 2019年5月 宮城県仙台市

池を眺めていると、一組の鴨がゆっくりと横切っていった。付かず離れずのいい距離感を持っているように見えた。

新緑の散歩道
新緑の散歩道 2019年5月 宮城県仙台市

散歩道をさらに進んでいくと、高層マンションが建ち並んだ地域のすぐ手前に、自然豊かな雑木林がある。

新緑の散歩道
新緑の散歩道 2019年5月 宮城県仙台市

木漏れ日の中で聞こえてくる小鳥のさえずり
木の葉のかすかな揺らぎ
新緑の爽やかな香り
そして、手のひらに感じる涼しい風

豊かな自然に触れながら、この小さな散歩道を歩く時、身も心もリフレッシュしているような気がする。

新緑の散歩道
新緑の散歩道 2019年5月 宮城県仙台市

雑木林の木々の間から見える池の水面が、キラキラと光って見えた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました