暖かな日には桂島緑地で散歩を

スポンサーリンク
ベンチから見た北側広場の風景 
ベンチから見た北側広場 2019年2月 宮城県仙台市

「こんにちは。いい天気ですね。お散歩ですか」
「ええ、今日はだいぶ暖かいですからね」

2月にしては暖かな日曜日。
風もなく、雲もない、久しぶりに穏やかな日であった。

ここからは池の向こう側に、桂島緑地の北側広場を一望することができる。

ベンチで休憩しているご近所の家族(おばあちゃんと兄妹)
ベンチで休憩するご家族 2019年2月 宮城県仙台市

木製のベンチで休んでいる人たちがいた。
挨拶をしながら聞いてみると、近くにお住まいの方で、おばあちゃんとお孫さんとのことだった。
お孫さんは兄妹で、仲良く座りながらお菓子を食べていた。近くのスーパーマーケットのレジ袋があったから、そこでお菓子などを買ってきて、ここで休憩していたのだろう。

ベンチで休憩しているご近所の家族(兄妹)
ベンチで休憩する兄妹 2019年2月 宮城県仙台市

2人の後ろ姿が絵になりますね、と言ったところ、おばあちゃんは、じゃ私はちょっと席を外しましょう、と立ち上がってしまった。
せっかくなので、この微笑ましい光景をカメラに納めさせていただいた。

この緑地がどのように使われているか。
このようにゆっくりと過ごすことができる場所は、大人にも子供にも大切な場所になるだろう。
この家族にとって、いい思い出の場所になっているのかもしれない。

お礼を言ってこの場を後にしたが、お互いに逆回りでこの緑地を歩いたため、反対側ですれ違うことになった。
久しぶりに会った知人のように、ちょっと嬉しくもあった。

北側広場東側より西側を望む
北側広場東側より 2019年2月 宮城県仙台市

北側広場に子供達の歓声が聞こえてきた。

遠くに親子の姿が見える。

北側広場の水路の周りにある石のオブジェ
北側広場水路周りの石 2019年2月 宮城県仙台市

石のオブジェがある水路の近くで、お父さんとお母さんが休んでいるのが見える。石の陰になって見えないが、もう1人の小さなお子さんが、草の上でハイハイしていたようである。

北側広場の水路の周りにある石のオブジェ
北側広場水路周りの石 2019年2月 宮城県仙台市

石のオブジェは、大きさも形も様々である。
水路には、ほとんど水が流れていない。

北側広場の水路の周りにある石のオブジェ
北側広場水路周りの石 2019年2月 宮城県仙台市

暖かな日差しの下で、家族で弁当を食べながら、のんびりした時間を過ごす。
住宅街の中にある自然豊かな公園は、誰にとっても貴重な場所である。

北側広場の石垣を登る人
北側広場の石垣を登る人 2019年2月 宮城県仙台市

石垣を登っている人がいた。親子のようだ。

どうしてこんな石垣を登ろうと思ったのだろうか。
お父さんは登頂したが、ちいさな子供にとっては、一歩も登れない絶壁に見えているだろう。
やがて登るのをあきらめて、お父さんの後を追いかけるように、緩やかな坂を走っていった。
いつの日にか、お父さんのようにこの石垣を登るに違いない。

北側広場の石垣とケヤキ
広場の石垣とケヤキ 2019年2月 宮城県仙台市

場所はちょっと違うが、石垣を下から見上げると、こんな感じに見える。
春間近の暖かな日である。晴れた青空を見ると、人はアクティブになるのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました