2月の桂島緑地で生きる小さな命

スポンサーリンク

2月にしては暖かな日が続き、各地で2月の最高気温を更新している。

雪が降らないことは街の中で暮らす人にはありがたいが、農家の方には稲作に影響が出るのではないかと心配になる。

春になり暖かくなると、雪解け水が農地を潤す。山に降った雪が、天然のダムの働きをしているとも言われている。

春夏秋冬、この四季がバランス良く安定して繰り返すことで、日々の暮らしが持たれていることを、改めて教えられているような気がする。

桂島緑地の中の小さな命もまた、その変化の中で生きている。

ミズバショウの若芽が顔を見せ始めた。

ミズバショウの芽
ミズバショウの芽 2020年2月 宮城県仙台市

どこからかの湧き水であろうか、小石で土手を造りその水を上手く貯めている。

ミズバショウの芽
ミズバショウの芽 2020年2月 宮城県仙台市

雨が少ないためか池と言うほどではなく、枯葉の下がぬかるんでいるという感じである。
その枯葉の間から、若芽が伸びている。

ミズバショウの芽
ミズバショウの芽 2020年2月 宮城県仙台市

冬の大地の中から春が顔を出しているかのようだ。
まさに、冬が必ず春になる事を教えてくれている。

コブシの木の冬芽もしっかり膨らんでいる。

コブシの冬芽
コブシの冬芽 2020年2月 宮城県仙台市

まもなく白い花を咲かせるだろう。

コブシの冬芽
コブシの冬芽 2020年2月 宮城県仙台市

コブシの冬芽は厚い毛に包まれて越冬している。
不思議に思った木である。

関連記事

木製のベンチの後ろに大きな木があり、朝日を受けてその影が長く伸びている。

その影の中で動いているものがある。小鳥である。

長く伸びた木の陰
長く伸びた木の陰 2020年2月 宮城県仙台市

よく見ると雀のようだ。

木の影の中に、2羽の雀が上手く隠れているように見えた。
動いていなければ、枯葉と見分けが付かないほどである。

この写真でわかるだろうか。

長く伸びた木の陰に雀
長く伸びた木の陰に雀 2020年2月 宮城県仙台市

タチバナモドキがまだ橙色の果実を残していた。

タチバナモドキの果実を食べる野鳥
タチバナモドキの果実を食べる野鳥 2020年2月 宮城県仙台市

冬の間に野鳥の貴重な食料になるという話を聞いていたが、実際に食べている姿を見たのは初めてであった。

タチバナモドキの果実を食べる野鳥
タチバナモドキの果実を食べる野鳥 2020年2月 宮城県仙台市

関連記事

この時季に、橙色の果実は非常に目につく。
果実を野鳥に食べさせて、その種を遠くまで運んでもらうという戦略は、なかなか面白いと思う。

上の堤の水辺に鴨の群れが見えた。
水際の岸に集団でじっとしている。日光浴中なのか、全然動かない。

日光浴をしている鴨
日光浴をしている鴨 2020年2月 宮城県仙台市

この辺は人が近づけない場所なので、暖かい日にはこうしてのんびり過ごしているのかもしれない。

2月のある日、久しぶりに雪が降った。
次の日の朝は、一面の雪景色。まるで枯れ木に花が咲いたようだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました