宮城県

桂島緑地

春を待つ桂島緑地の冬芽

桂島緑地ではもうすぐ、春の景色を見ることができる。 草木や小鳥などの小さな命に起こる、大きなドラマを見ることができるだろう。
桂島緑地

桂島緑地北側広場の石垣

石垣の石の切り方や積み方に、決まった法則があるのだろうか。適当なやり方ではこのようにはならないだろう。 どういう人がどのように積み上げていったのか、興味が尽きないものである。
桂島緑地

桂島緑地雪景色の中のあれこれ

雪景色の緑地も、確かに一つの風景である。 これまでは、冬の緑地は寒いので、あまり関心を持っていなかったように思う。
桂島緑地

ドウダンツツジの冬芽はただ今休眠中!

ドウダンツツジの冬芽は、今は休眠中ということになる。動物なら冬眠中? 冬芽は、暖かな春になると一斉に活動を再開し、葉を出し、花を咲かせる。 冬芽は、季節の変化を感じ取る、センサーの働きもしているようだ。
桂島緑地

小さな石の上のエゾスナゴケに秘められた力とは

コケ植物は土の層が薄くても生育できることや、強風・乾燥等のストレスに耐性を有する種もあることから,建造物の壁面 や屋上の緑化植物としても注目されているという。
泉区

平成最後の元旦の夜明け

夜明けの様相は、昨日とさほど変わらないのかもしれない。 しかし、年が改まった朝だと思うと、今日から気持ちを新たにして出発できそうな気がする。
桂島緑地

コブシの木の芽が毛に包まれて越冬する

枝の先をよく見ると、小さな芽が付いているのを見つけた。 なんでこんな時季に芽を出すのだろうか、これからもっともっと寒くなるのに。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました